ヤクルトを飲むと虫歯になりやすい?本当の原因と対策を教えて!

あなたは、ヤクルトを飲んだことがありますか?

毎日、習慣的に飲んでいるという方も多いかもしれませんし、飲んだことがあるという方が多いと思います。

私の家では主人が毎朝、朝食時に飲んでいます。

腸内環境を整えてくれるヤクルトは、美味しいですし、体に良いので積極的に摂りたいと思うのですが、ヤクルトは、虫歯になりやすいという噂を聞きましたる

これは本当のことでしょうか。

飲まない方が良いということでしょうか。

そもそも虫歯の原因ですが・・

1つ目は、ミュータンス菌の量、

2つ目は、糖分の摂り過ぎ、

3つ目は、ケア不足が考えられます。

虫歯の原因菌であるミュータンス菌によって虫歯になるので、ミュータンス菌が口内にどれだけいるかで虫歯のできやすさが変わってきます。

また、虫歯の原因菌(ミュータンス菌)の栄養源は砂糖です。

糖分を摂り過ぎると虫歯にやりやすくなり、もちろん磨き残しがあると虫歯の原因につながります。

ではヤクルトと虫歯の関係性とは一体なんでしょう?

ヤクルトに入っているシロタ株が虫歯菌と勘違いされている方がいるようですが、シロタ株が虫歯の原因に直接なるわけではありません。

それは誤解です。

しかしヤクルトの原材料には生きた乳酸菌を生きたまま保存するために乳酸菌の餌になる糖分が大量に含まれています。
(通常のヤクルトで角砂糖2個分です)

口内に虫歯菌(ミュータンス菌)がいる状態でヤクルトを飲み過ぎるとミュータンス菌がヤクルトの糖分を栄養として増殖し虫歯になるというわけです。

ですから、ヤクルトが虫歯の直接的な原因になるというわけではなく、糖分を摂り過ぎることが虫歯の原因になりやすいわけです。

つまりヤクルトを飲むと虫歯になりやすいという噂は、ヤクルトに限ったことではないということになります。

ヤクルトは、身体に良いし飲み続けたいけれど、虫歯予防はどうしたら良いのでしょう?

それは、やはりケアをしっかり行うこととヤクルトを飲むタイミングに気を付けることです。

ヤクルトを飲んだ跡は、うがいや歯磨きをして口の中にある糖分をしっかり洗い流すことが大切です。

また夜寝ている間は、ミュータンス菌を殺菌する役割をもつ唾液の量が少なくなるので、夜は虫歯になりやすい時間帯とも言い換えられます。

ですから、夜にヤクルトを飲むのは控えた方が良いですね。

最後に歯磨き粉についてですが「ブリアン」を、オススメします。

ブリアンは子供にも安心して使える子供向けに作られた歯磨き粉で、もちろん大人の方も使えます。

安心の無添加で、安心の国内製造、そして世界初で通販限定となっています。

非常に細かい粒子なので、歯と歯の間の隙間や奥歯の奥の方など磨き残しがちなところまでしっかり届き虫歯予防につながります。

新成分「BLIS М18」というニュージーランドで虫歯になりにくい子供たちを研究して発見された虫歯の原因菌を減らし虫歯を予防してくれる成分が配合されています。

ヤクルトを飲んでも、ブリアンでケアをしてお腹もお口の中も健康になりましょう。

口コミをチエックしてみてください。
ブリアン歯磨き粉口コミ!虫歯菌を除去するって本当?

us