薬用ちゅらトゥースホワイトニングの全成分とほかとの違い

沖縄生まれの薬用ちゅらトゥースホワイトニング。

歯を白くするホワイトニング効果はもちろん、虫歯予防にも効果を発揮すると言われていますがこの商品は一体どんな成分で作られているのでしょうか。

それでは配合されている成分についてご紹介していきます。

まず主成分としてご紹介するのが、PAA「ポリアスパラギン酸」です。

アミノ酸高分子で汚れを浮かせて剥がして落としてくれます。

次にリンゴ酸です。

リンゴ酸は、浮かせた汚れをつきにくくする効果があり、着色汚れを落とすのに高い効果を発揮してくれます。
また再度汚れが付きにくいように予防も行ってくれる成分です。

そしてデンタルケアでは珍しいビタミンCを配合しています。

ビタミンCは歯だけではなく歯茎を健康にしてくれる効果も期待できます。
口腔内のトータルケアを行うのに効果的な成分です。

そして最後に1番注目したい成分がGTOです。

薬用ちゅらトゥースホワイトニングは、ウーロン茶抽出物とホップエキスからなる新成分GTOを配合しています。

GTOは、虫歯の現況を阻止する働きがあり、虫歯のリスクを大幅に軽減することが可能です。

人はいくつになっても歯が健康であることにより長生きにもつながるといわれています。

全成分をまとめると・・
メイン成分:PAA「ポリアスパラギン酸」リンゴ酸・ビタミンC
以下に詳しく書きだします。
薬用成分:アラントイン・イソプロピルメチルフェノール
基剤:精製水
湿潤剤:濃グリセリン、オウゴンエキス、シャクヤクエキス、レモンエキス、1,3-プチレングリコール、DL-リンゴ酸、アスコルピン酸、ポリアスパラギン酸ナトリウム液、ウーロン茶エキス、茶エキス(1)、ホップエキス
清涼剤:エタノール、I-メントール、無水エタノール
ph調整剤:無水クエン酸、メタリン酸ナトリウム
粘度調整剤:キサンタンガム、カルボキシメチルセルロースナトリウム
可溶化剤:ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油
矯味剤:ステビアエキス、キシリット
着香剤:香料(スペアミント)
保存剤:安息香酸ナトリウム
安定剤:天然ビタミンE 
着色剤:青色 1号
===以上です。

安心な成分ですが、アレルギーなどある場合は、しっかりチェックしてください。

忙しくてなかなか歯医者に行く時間がない。
着色汚れが気になる。
甘いものが大好き。

そんな方は、ホワイトニングや虫歯予防のためにもしっかり歯磨きした方がいいですね。

口コミもチェックしてみてください。
薬用ちゅらトゥースホワイトの口コミ!と白い歯効果は、どれくらいで実現?

us