重曹で歯磨きすると歯が白くなるのは本当?注意点は?

重曹を使って歯磨きすると歯が白くなるといわれています。

頑固な汚れを落とせるとお掃除にもぴったりと話題になったり、お料理などにも古くから使用すされている重曹ですが、なぜ重曹で歯が白くなるのでしょう。

また重曹を歯磨き粉代わりに使っても大丈夫なのでしょうか?

重曹を歯磨き粉代わりにすると歯が白くなる理由と、注意点をご紹介します。

《重曹ってなにもの?》

まずはじめに重曹とはなんなのでしょうか。

知らないという人もいるかもしれませんが、重曹というのは天然の「炭酸水素ナトリウム」のことです。

お掃除で頑固な汚れをとってもキレイに落とすことができたり…。

ケーキなどのお菓子作りで生地を膨らませるためのベーキングパウダーとして使われたり…。

今ではどこの家庭にでもあると言っても過言ではないアイテムです。

この重曹を歯磨き粉代わりにして歯を磨くと白くなると言われているようですがどうしてなのでしょう。

《重曹を使うと歯が白くなる理由》

重曹を歯磨き粉代わりにすると、歯が白くなるのは重曹にはとても強い研磨力があるからです。

また虫歯は、虫歯の原因菌といわれている『ミュータンス菌』が糖分を栄養として増殖し酸を出して歯を溶かすことによってできてしまいます。

弱アルカリ性である重曹は、酸性になり虫歯になりやすくなった口内を、中性に変えてくれるので虫歯になりにくいともいわれています。

そんな歯に良いことずくめのような重曹ですが、実は大きな落とし穴があったんです!

《重曹を歯磨き粉代わりにするのは危険!》

歯を白くしてくれるだけでなく、虫歯まで予防してくれるといわれている重曹ですが、実は重曹を歯磨き粉代わりにするのはとっても危険なんです!

1)非常に高い研磨力

重曹には強い研磨力があるため、歯が白くなると言われていて、重曹を歯磨き粉代わりに使用すると歯の表面がツルツルするのがわかります。

重曹での歯磨きやうがいを続けているとどんどん歯の表面が削られていってしまったり、歯の表面や歯茎に傷がついてしまいます。

2)塩分がとっても多い

重曹は炭酸水素ナトリウムですので塩分であるナトリウムがとっても多く含まれています。

なので塩分の摂取制限のある方の使用は非常に危険です。

重曹を歯磨き粉代わりにすると歯が白くなったり虫歯になりにくくなるのは事実ですが、毎日重曹で歯磨きしたりうがいをしていると、大変なことになるので注意しましょう。

◆では、何を使うとホワイトニングになるの?というと、自然素材が豊富な歯のホワイトニング歯磨きの「はははのは」を使ってみてください。

歯を白くするだけでなく口臭ケアや虫歯ケアにも良い!と口コミ評価も高く人気です。
歯真っ白で人気の「はははのは」はドラッグストア(薬局)でも市販?楽天・Amazon等どこの販売店が最安値?

自宅で簡単にできるセルフホワイトニングはははのはです。

重曹のように歯や歯茎を傷つけることなく、白い歯になりやすいです。
研磨剤も不使用なので安心して真っ白に!

ぜひ、試してみてください。

お得な公式サイト→自宅でカンタンホワイトニング!笑顔輝くステキな白い歯に【はははのは】

us