自宅で虫歯なしの白い歯を実現する生活習慣のコツ

虫歯なしの歯は、正しい歯磨き方法によってほぼ実現できるようになってきました。

歯の色については、歯への着色以外の原因として、日本人など東洋人の歯が、もともとエナメル質の下の象牙質が黄色っぽいということもあります。

年齢とともにエナメル質が失われて黄色の象牙質が透けて見えるようになる、ということを防ぐには、正しい歯磨きをすることが第一です。

象牙質を白くするには、過酸化水素を用いたホワイトニングで可能ですが、ここではお金のかからない歯磨きの生活習慣について述べてみます。

【歯磨きに必要な道具】

以前は歯磨きするときは、歯ブラシを上から下へ動かす、等、間違った方法が広く行われていた時期もありました。

最近では、虫歯ゼロも可能な歯磨きの方法が分かってきています。

それには道具が必要となりますが、いくつか挙げると

●柔らかい毛の歯ブラシ

●フッ素入りの研磨剤の少ない歯磨き粉

●デンタルフロス

●口腔内を殺菌する洗浄剤

などです。

歯ブラシは、毛の柔らかいものを用いると、エナメル質を傷つけたり削ったりすることなく、汚れの着色も防ぐことができます。

固いブラシが好きだという方もいらっしゃると思いますが、歯の特質を知って、歯をケアする、という考え方にシフトしましょう。

歯磨き粉はなくても大丈夫とも言えますが、虫歯の原因の歯垢を除去するのに、フッ素入りの歯磨きが有効です。

研磨剤の少ないフッ素入りの歯磨き粉も販売されています。

【効果的な歯磨き】

歯を磨くタイミングとしては、まず食後ですが、最も重要なのは寝る前に歯がきれいかどうかです。

唾液には口腔内の菌を殺菌する働きがありますが、睡眠中は唾液の分泌が減るために、菌が繁殖しやすく、食べかすなどを原因として虫歯になりやすくなります。

そのため、寝る前に念入りな歯磨きをすると良いでしょう。

食べかす以上に気を付けるのは、こびりついた歯垢です。

歯ブラシは歯に対して直角に当て、左右に小刻みに動かすように磨くのが基本です。

歯と歯の間の歯垢は歯ブラシでは取れないので、デンタルフロスを使用します。

奥歯から、一本一本すべての歯を磨くとなると、10分以上は必要です。

これだけしても歯垢が残ったりすることもあるので、口腔内を殺菌する洗浄剤を使うとより完璧です。

【白い歯でいるための習慣】

エナメル質を傷つけないような歯磨きを徹底して、歯をツルツルの状態にしておけば、汚れも付きにくく、象牙質も透けにくい状態を保てます。

コーヒーやチョコレート、色の濃い食品を口にしたら、すぐに口をすすぐなどするのも有効です。

タバコのヤニは特に落ちにくいものなので、注意しましょう。

【日本人が白い歯でいるには】

世界的に“白い歯が美しい”といわれるようになっているので、もともと歯が黄色っぽい日本人は努力が必要かもしれません。

芸能人やモデルのような方々は、白い歯のためにはお金を惜しまないと言われています。

歯のホワイトニング専門アイテムもあるので、どうしても理想の白さにならない、という方は、試してみると良いでしょう。

◆ホワイトニング専門アイテムもいろいろありますが、今人気なのは自然素材が豊富な歯のホワイトニング歯磨きの「はははのは」です。

歯を白くするだけでなく口臭ケアや虫歯ケアにも良い!と口コミ評価も高く人気です。

自宅で簡単にできるセルフホワイトニングはははのはです。
歯真っ白で人気の「はははのは」はドラッグストア(薬局)でも市販?楽天・Amazon等どこの販売店が最安値?

us