歯を白くするコツ!自宅でホワイトニングは可能?

歯が黄ばんできて人前で歯を見せるのが恥ずかしいと思ったことはありませんか?

白くて美しい歯であるだけで、笑顔も輝きますし会話も弾むのではないでしょうか。

よく街を歩いていると、異常に歯が白い人が居ますがこれは歯科で行った強制的な美白ホワイトニングであまり健康的には見えないとも言えます。

一方で、ヤニまみれの歯の方も多くいらっしゃいますが、こちらは見るからに不健康な状態の歯です。

天然で自然な白色をした歯であることが一番、周りから好印象を受けやすいのです。

そんな歯を白くするホワイトニングですが、実は最近家庭でも手軽にできる商品が続々でており誰でも簡単にできるようになりました。

これらは、歯を真っ白白にするようなものではなく、自然な色にホワイトニングするアイテムです。

今回はこの、家庭でできるホワイトニングと歯を白く保つコツをご紹介していきます。

ー歯が黄ばむ原因ー

歯が黄ばんで悩んでいるという場合は、まず日常生活を思い浮かべて下さい。

煙草を吸ったり、間食をするような場合はそれらが大きな原因の一つです。

また、歯磨きは1日最低2回朝・晩3分以上かけてしているでしょうか?

一日の中で食事をして、その食事でついたカスを餌に雑菌が繁殖してその雑菌の排出物によって歯が黄ばむこともありますし、食べ物のカスがそのまま原因になることもあります。

それらを防ぐのに有効なのが、口に何にも含まない時間です。

口の中は何も含まない時間の間に清潔に保とうと、自然に掃除をするのでその時間を確保しなければ当然歯など口の中が汚れたままになります。

ー家庭でできるホワイトニングー

家庭でできるホワイトニングとしては

1.歯磨き粉ホワイトニング

歯磨き粉の成分にホワイトニング効果があるものがあり、この歯磨き粉を使うことによって徐々に歯が白くなっていきます。

より効果が高いものを選ぶ場合それなりの価格がします。

2.ホワイトニング専用歯磨き

歯磨き粉の中でも、ホワイトニング専用のものがあり歯磨き粉というよりも歯磨きの後につけるものになります。

歯に直接つけることでホワイトニング効果があるものですが、こちらはかなり高いものが多くやはり効果に比例した価格です。

この他にも光を使うホワイトニングなどもありますが、効果がいまいちなので今回のご紹介はいたしませんでした。

これらのようにホワイトニングは簡単に自宅でできるようになってきましたので、機会があればチャレンジしてみてください。

ー最後に、白く保つコツとまとめー

歯を白くしても、白く保たなくてはなりません。

そこで、コツを簡単にご紹介します。

ポイントは

1.一日2回のうち一回は5分以上ゆっくり丁寧に歯磨きをする。

2.食後口をゆすぐくせをつける。

3.喫煙をしたり間食をしたりしないようにする。

の3点です。

これらのポイントによって、歯を白く健康的に保つことができるのでぜひとも実践してください。

また、あまりにひどいヤニは家庭では取れないことも多いので、その際は歯科医に相談するようにしましょう。

◆歯科に行くほどではないけど、歯を白くしたいと願うときは、自然素材が豊富な歯のホワイトニング歯磨きの「はははのは」を使ってみてください。

歯を白くするだけでなく口臭ケアや虫歯ケアにも良い!と口コミ評価も高く人気です。

自宅で簡単にできるセルフホワイトニングはははのはです。
歯真っ白で人気の「はははのは」はドラッグストア(薬局)でも市販?楽天・Amazon等どこの販売店が最安値?

us