歯が黄色くて恥ずかしい!自分で簡単にできるホワイトニングのコツは?

笑った時に出てしまう歯は白くて綺麗な歯に憧れますよね。

歯の印象はとても大きく、歯が綺麗であれば、清潔感があり、良い印象を与えます。

反対に、歯が黄色いと、恥ずかしくて笑う事に自信が持てず、暗い印象を与えてしまいます。

きちんと歯磨きをしているにも関わらず、黄ばんでしまった歯は不潔に見られてしまう事もあります。

では、どうしたら、白くて綺麗な歯になれるのかをご紹介します。

歯が着色してしまう原因に、色の濃い食べ物やタバコのヤニ、茶渋、コーヒーなどによって、歯の表面についてしまいます。

また、エナメル質の表面だけでなく、内部まで着色汚れが蓄積されてしまうと、象牙質まで歯を漂白しなくてはならなくなります。

普通の歯磨き粉を使用するよりも、ホワイトニング専用の歯磨き粉の使用をおすすめします。

ホワイトニング専用の歯磨き粉は研磨剤が含まれている物も多いので、磨き過ぎには注意しましょう。

歯の表面のエナメル質を傷つけてしまう可能性がありますので、フッ素も一緒に使うとコーティングできます。

重曹もおすすめで、歯を白くしてくれる働きがあります。

黄ばみ、黒ずみ、タバコのヤニまで落としてくれます。

こちらも研磨力が強いので、磨き過ぎないように気を付けましょう。

食用の重曹を歯ブラシにひとつまみふりかけ、磨いた後はゆすぐだけなのでとても簡単です。

ホワイトニング専用の歯磨き粉を使うよりも低コストで済みますので続けやすいと思います。

また、歯の消しゴムというのもあり、歯の表面についたコーヒーや茶渋などのステイン、タバコのヤニを落とせます。

白くしたい歯に優しく擦るだけで、うがいをするだけです。

ホワイトニングペンもあり、こちらも歯に塗ったあとに、1~2分置いた後に、歯ブラシで汚れをおとします。

携帯できますし、とても簡単です。

自宅でできるホワイトニングはこれくらいですが、なるべくタバコを控えたり、コーヒーの飲み過ぎやお茶の飲み過ぎを気を付けるようにする事も予防になります。

こまめに歯を磨いたり、重層でうがいするだけでも効果があると思います。

やり過ぎ歯を傷めてしまいますので、様子を見ながら行いましょう。

自宅で白くするのは限度がありますので、定期的に歯医者で歯のお掃除をしてもらったり、歯のチェックをしてもらいましょう。

予防や改善の為に継続的に続ける事が重要ですので、諦めずに頑張りましょう。

歯医者に行ってしまうと、お金も時間もかかりますので、なるべく自宅でケアを続けていきましょう。

継続は力なりです。

◆いろいろ試しても白くならないと思ったら、パールホワイトPROEXプラスを使ってみてください。
パールホワイトPROEXプラスの口コミ!白い歯効果は本当?

普通の歯磨きの後に歯ブラシにつけて磨くだけです。

パールホワイトPROEXプラスを続けるだけで、ツルツルの白い歯になる!と口コミでも評判です。

公式サイト↓


us