歯が黄ばむ原因と歯のホワイトニングのコツ

日本人は、欧米人などと比べると、もともと歯の象牙質の部分が黄色っぽい人種です。

黒人の方がにっこり笑ったとき、真っ白い歯が印象的なことが多いですが、黒人の方の歯の白さは生来のもので、人種による違いも大きいのです。

しかしながら、歯が白いと、年齢も若く見られることが実験によって明らかになっています。

その他にも清潔感を与えたり、歯が白いと何かと良いことが多そうですね。

どうすれば良いのでしょう?

【歯が黄ばむ原因】

最も多いのが、食品の成分が歯の表面のエナメル質に付着して黄ばんでしまうことです。

ポリフェノールを含む、赤ワイン、ブルーベリー、チョコレート、ココア、コーヒー等。

また、タバコのタールも着色の原因となります。

簡単な対策としては、このような食品等を摂ったら、すぐに口をすすぐことです。

また、できることなら、歯磨きをしましょう。

【食後すぐの歯磨きが正解です】

食後すぐの歯磨きについては、“食後は歯のエナメル質が柔らかくなっているため、削って歯をきずつけてしまう”という説がありますが、歯の健康のためには食後すぐ歯を磨く方が正解です。

歯磨きをしないでいると、細菌が増殖して酸が生成され、歯が溶け出す現象が起こってきます。

菌の増殖を抑えるために食後すぐに歯磨きをしましょう。

その際、歯ブラシは柔らかいものを使って、弱い力で小刻みに磨きましょう。

【市販のホワイトニング歯磨き粉の効果】

市販のホワイトニングを謳った歯磨き粉は、食品による着色をおとすことには効果を発揮します。

しかし研磨作用によって着色部分を削り落とすので、エナメル質を傷つけ、かえって歯を汚れが沁み込みやすい状態にする可能性があります。

最近では色素を分解する成分を配合したものもあるので、市販のものを使用するときは、そちらを選びましょう。

あるいは、もっと安心できるセルフホワイトニング剤をネットで選ぶといいですね。

【日本人に合ったホワイトニング】

本格的なホワイトニングは、過酸化水素を使用します。

着色物質を落とすだけでは足りません。

歯のエナメル質を濁らせて、表面で光を乱反射させます。

それによって、本来黄色っぽい日本人の歯も白く見えるようにします。

【美しい歯にこだわりを持ちましょう】

歯をきちんと磨き続けても、黄ばんでしまった、という方もいらっしゃると思います。

一度、ホワイトニングして白い歯がどういうものかを実感してみて、歯の磨き方も見直してみるといいでしょう。

歌手の郷ひろみさんの美しい歯は有名ですが、一日4回、各10分、しかも左右の手を使ってすき間なく歯磨きするそうですよ。

努力は報われます!

白く輝く歯を目指してがんばりましょう。

◆いろいろ注意しても、なかなか白くならないと悩むときは、自然素材が豊富な歯のホワイトニング歯磨きの「はははのは」を使ってみてください。

歯を白くするだけでなく口臭ケアや虫歯ケアにも良い!と口コミ評価も高く人気です。

自宅で簡単にできるセルフホワイトニングはははのはです。
歯真っ白で人気の「はははのは」はドラッグストア(薬局)でも市販?楽天・Amazon等どこの販売店が最安値?

us