歯が黄色く口臭も悩み中!ホワイトニング剤は、何を選ぶと良い?

あなたは、自分の笑顔に自信がありますか?

私は正直、自分の笑顔に自信がありません。

その理由は、歯が黄色いからです。

また口臭も気になります。

あまり口を開けたくありません。

ここ数年歯科医を受診しておらず、虫歯の検査も受けていません。

子供の頃は虫歯が毎年あって治療を受けていましたが、永久歯に生え変わり大人になってからは、ほとんど虫歯の経験がないので、今も大丈夫と思っていましたが、虫歯が過去にゼロというわけでもないので、今も絶対の自信はありません。

そこで虫歯予防・黄ばみ・口臭についてできることについて調べてみました。

食事の内容と食事の時はしっかり噛むこと、禁煙、質の良い睡眠をとることを大切にし、歯磨きのし過ぎはよくないです。

これらは「黄ばみ」の原因や黄ばみの予防に大切です。

「虫歯」については、甘いものが大好きな方は気を付けてくださいね。

タバコも虫歯と関係があります。

もし自分が喫煙していなくても、周りの人のタバコの煙が原因で虫歯になることもあります。

友人やご家族など近くで喫煙者がいる方は、特に要注意です。

そして「口臭」についてです。

特に臭うものを食べていなくても、口内に少しでも食べかすが残ると、それが口臭の原因になります。

口内に残った食べかすが酸化し、臭いが悪化することもあります。

食べることで口臭になりますが、食べないことでも口臭は発生するので気を付けたいところですね。

例えば朝食を摂らない方が多いかもしれませんが、朝食べないと、その分唾液は分泌されないので、残っている臭いのもとが除去されません。

また臭いに関しては、「歯」ではなく腸内にも原因がある可能性もあります。

溜まった老廃物の腐臭が口まで登ってきて臭うというのです。

この場合は、腸内環境を整えることが大切ですね。

では具体的に解決策等を紹介します。

黄ばみのお手入れで歯磨きは、全体を擦るのではなく1本ずつ磨くことが大切です。

歯磨き粉は、研磨剤フリーのものを使いましょう。

虫歯予防のために歯磨きは寝る直前にやるのがベストです。

歯磨き粉は、フッ素配合のものを選ぶと良いですよ。

歯磨きできない時は、キシリトール入りのガムが良いです。

口臭について、口内が酸性になりがちなことを踏まえ、アルカリ性のものを取り入れると良いです。

オススメは、緑黄色野菜です。

重曹でうがいも良いですが、量には注意してください。

緑茶と梅干しも臭い対策にオススメです。

このように日常生活の中で、対策は色々とありますが、あれもこれも全部を取り入れるのは難しい場合もあると思います。

そこで「リリーホワイト」をオススメします。

歯の黄ばみ・口臭・虫歯予防、この全てを叶えてくれて、更に歯周病や歯茎の配慮までしてくれるイテムです。

自宅で簡単にホワイトニング「リリーホワイト」を、あなたもぜひ試してみませんか。
口コミもどうぞ。
LillyWhite(リリーホワイト)の口コミ効果!他の歯のホワイトニングとの違いは?

rs