プレミアムブラントゥースは、タバコのヤニで黄ばんだ歯にもよい?

「それって女の子としてどうかと思うよ」

とある日の彼氏の一言です。

その日は彼と食事デートをしていましたが、私の歯について彼が苦言を呈してきたんです。

私の歯は白どころか、明らかに黄色をしていると。

一応食事の後は毎日歯磨きをしているのですが、磨き方が悪いのかなかなか白くならないんです。

私は喫煙者なので、タバコのヤニも原因の1つかもしれません。

しかしそれを彼に伝えても、「本当は怠けている」など言い訳のようにしか捉えてもらえません。

彼は女性に対して一定の理想があるみたいで、その1つが歯の白さ。

洗口液やガムのCMに出てくる俳優さんや女優さんのような白さを、女の子は皆持っているべきと思っています。

女子の全員がそんな真っ白をキープできるわけないと反論しても、聞く耳をもってもらえず。

その日は喧嘩別れのような形になってしまい、以降彼とは連絡をとっていません。

腹立たしいのは、男性はそこまで白くなくても良いと思っているのか、彼の歯はさほど真っ白でもないということ。

とは言えこのまま別れるならば、私が彼に言い負かされたようで悔しさも残ります。

そこで、何とかして、歯を白くする方法がないか模索することにしたんです。

食事よりタバコのヤニの方が厄介?

方法を探している中で、歯が黄ばむ原因についてもいくつか知ることができました。

しかしその中には、食事よりもタバコのヤニの方が厄介という話があったんです。

タバコのヤニは、歯にタバコが含む成分の1つであるタールがくっついた現象。

歯はもともとペリクルというタンパク質に包まれているのですが、そこにタールが付着して黄色く見えてしまいます。

ところがペリクルとタールの結びつきは、時間が経つにつれて強固になってしまうそう。

喫煙した直後から数時間程度であれば歯磨きでも落とせる程度なのですが、それ以上経過してしまうとほぼ落なくなってしまうんです。

もしかしたら、「じゃあ食事と同じように直後の歯磨きが大事なんだね」と思う方もいるかもしれません。

ですがこの歯磨きにも問題点があります。

それは磨き方。

普通に行っていても、磨き残しは出てくるもの。

もし磨き残しがあるまま再び喫煙を行ってしまうと、ペリクルとタールの結びつきもより強まってしまいます。

ペリクルはタンパク質の1種であり、歯磨きの際一緒に削られます。

唾液にも含まれている成分ですから、歯磨き終了後に再び歯にコーティングされるんでしょう。

しかし磨き残しによってタールがある場合、その上からペリクルがコーティングされ、さらに上に新しいタールがくっつくという状況を作ってしまいます。

歯磨きで削れるのは表面にあるタールとペリクルだけですから、内部のタールはそのまま

よってずっと黄ばみが続いてしまうんです。

歯磨き粉は研磨剤の強度にも注意

歯を磨く際、歯磨き粉を用いる方も多いでしょう。

私もその1人です。

ですが歯磨き粉も選び方を気をつけなくてはいけないのだそう。

それは研磨剤が原因で、歯磨き粉の中には歯よりも硬い研磨剤を入れている製品もあるからです。

当然歯より研磨剤の方が硬ければ、磨くほどに歯も傷ついてしまいます。

そうなると、傷の隙間にタールがくっつくなどして、より落ちにくい黄ばみができてしまうそう。

研磨剤不使用のタイプを選ぶのがベストですが、どうしてもきちんと汚れを落としたいなら、歯より柔らかい硬度を選びましょう。

ちなみに歯の硬度は10段階中6か7と言われています。

研磨剤の中では高度4のフッ化カルシウムなどが有名です。

ヤニに効果のある成分ってある?

また、ヤニそのものに良い成分の入った歯磨き粉を選ぶのも大事。

ポリリン酸ナトリウムやポビドン、マクロゴールなどが代表的です。

最初のポリリン酸ナトリウムは、リン酸が変化したもの。

リン酸自体、人の体内にもともと存在する物質で、ポリリン酸ナトリウムも過剰摂取しなければ副作用などはありません。

実際、食品にも乳化剤や香料などの添加物として使われています。

オーラルケアとして使われているものには歯のコーティングやホワイトニング、カルシウムを寄せる効果もあるため、ヤニの黄ばみ取るだけでなく、より白くすることも可能です。

2つ目のポビドンはポリビニルピロリドンやPVPとも呼ばれる成分で、こちらも添加物としてオーラルケア以外にも使われています。

歯における効果は粘膜の調整。

タールのくっつきやすさや口内のネバつきにも対応してくれます。

ちなみにポビドンヨードの形で、洗口液やうがいぐすりなどに含まれることもあるそうです。

そして3つ目のマクロゴールは、ポリエチレングリコールとも呼ばれ、歯の色素沈着部分を溶かす効果を持っています。

歯の白さを促すだけでなく、口臭やむし歯予防など、様々な口内のトラブルに対応する力も備えていますよ。

分子量別で様々な種類があり、マクロゴール400と呼ばれるタイプがもっとも使われているようです。

歯磨き粉を見直すなら、ヤニ対策のできる成分が入っているかも注目すると、より白さに近づきますよ。

パパインでペリクルごと落とす「プレミアムブラントゥース」

一方で、タールではなくペリクルを落とすことも重要です。

タールのくっついたペリクルを落としてしまうことで、タールの落とし残しの可能性をなくせるメリットもあります。

ペリクルは再び新しいものが構築されますから、落としてしまっても平気です。

むしろ上でも触れましたが、タールの落とし残しの上から新しいペリクルが覆ってしまう方が対処も大変でしょう。

そんな機能を有した歯磨き粉の1つに、「プレミアムブラントゥース(PREMIUM BLANC TOOTH)」があります。
詳しくは→プレミアムブラントゥース

タバコのヤニだけでなく、コーヒーなど飲料による着色にも対処してくれる他、むし歯予防や口臭対策など、口内の健康に役立つ効果を持っているんです。

しかもいずれの効果も、自然素材で行っています。

研磨剤も不使用なので、歯が別のダメージを受けるリスクも減らしてくれるんです。

体験談でも評価が高いですね。
プレミアムブラントゥースを実際に使ってみた!体験

さてベリクルごと落とす効果ですが、プレミアムブラントゥースではパパイヤに含まれるパパインという成分で行います。

パパインはタンパク質を分解する力を持っており、タールをくっついたペリクルを落としてくれるんです。

タンパク質汚れならなんでもござれという感じで、スキンケアなどにも採用されています。

ほか3つの主成分で歯の白さを取り戻す

プレミアムブラントゥースは、パパイン以外にも3つの成分を配合。

まず1つ目はココナッツオイルです。

こちらもスキンケアでお馴染みですが、内に含むラウリン酸の効果によって、抗菌や抗ウィルスが期待できます。

主に口内の清潔さキープや、虫歯予防に役立つ効果ですね。

食用になっていることからも解るように、口に入れても刺激が少ない成分としても注目されています。

次はウーロン茶エキスです。

ウーロン茶はポリフェノールが豊富な飲み物で、歯垢をはがしやすく、また将来的に新たな歯垢がつくのを防いでくれます。

飲んだあとスッキリできるのは、渋みのあるお茶というだけではなく、ポリフェノールが歯垢に対処してくれるからでもあるんですよ。

お茶のポリフェノールとして、もう1つ茶カテキンも含まれています。

ウーロン茶ポリフェノールはカテキンを含めたいくつかの成分の総称ですが、プレミアムブラントゥースは緑茶から得られるカテキンを別途追加したようです。

実はカテキンは渋み成分の1つでもあるそうで、ウーロン茶の理由で上げた渋みはポリフェノールと同じだったもよう。

こちらも殺菌効果によって、むし歯予防や口臭ケア、さらには歯周病対策も可能です。

植物オイルで歯に潤いを

さらにプレミアムブラントゥースにはオリーブやヒマシ、ホホバといった植物由来のオイルを6種類配合。

肌だけでなく歯にとっても乾燥はNGだそうで、これらの素材で潤いケアを行っています。

いずれも抗菌や抗炎症効果を併せ持っているため、むし歯予防なども期待できます。

その上カミツレやセージ、メリッサなど植物エキスが全部で16種類配合。

ハーブとして心身の美容や健康に役立ってきた素材ばかりで、歯の美化に努めてくれます。

使った後に爽快感を得られるため、気分転換としてプレミアムブラントゥースを使うのもありかもしれませんね。

スッキリさではメントールやハッカ油、そしてキシリトールも欠かせません。

キシリトールはガムなどでお馴染みの歯の健康に役立つ成分。

むし歯ケアなどがより強固になるのは嬉しいですね。

プレミアムブラントゥースを利用する時に注意したいこと

プレミアムブラントゥースはいつも使っている歯磨き粉と同じように使えます。

1日の目安は1回から3回

やりすぎも良くないようなので、いつも4回以上磨いている方は、どのタイミングでプレミアムブラントゥースを使うか
考えておきましょう。

また電動歯ブラシに塗布することも可能。

手動の歯ブラシを買い求める必要はありません。

ただ市販の歯磨き粉と違い、プレミアムブラントゥースは泡立たないのが特徴。

1回の使用量はボトルを1プッシュするだけで十分なのですが、泡立たないからと追加しないように。

さらに磨いた後は黄ばみのもとやむし歯の原因菌などが口内に溶けている状態なので、ゆすぎもしっかり行いましょう。

市販の歯磨き粉は成分の浸透のため、多少残っているぐらいが良いなんて言われることもありますが、プレミアムブラントゥースは残さず落とす方が良さそうですね。

基本的には誰でも使えます。

妊娠中の方も使えますが、念のため、かかりつけ医への相談をおすすめします。

プレミアムブラントゥースは製造中の衛生面に配慮し、医薬品などの製造に求められるGMP基準をクリアした工場で作られています。

しかし妊娠中はお母さんも敏感になりやすい時期ですし、吐き出すとは言えプレミアムブラントゥースが体内に入る可能性も。

赤ちゃんに万が一のことがあるといけませんから、お医者さんから了解を得てから使えば、より安心できます。

定期便でコスパを半額以下抑えよう

プレミアムブラントゥースはメーカーに定期購入で直接注文するのがお得です。

定期便を選ぶだけで定価の半額で続けられますし、初回に限ってはさらに割引。

最低3ヶ月の継続が条件ですが、その間効果が感じられなければ、返金保証制度も利用できます。

ただし最低利用期間として、15日は使っていなくてはいけません。

返金は1回分とは言え申請の期限は90日あるのですから、効果の見極めはギリギリまで待つ方が良いでしょう。

実際メーカーでも、継続条件に3ヶ月を設けているのは、効果を判断するのに良い期間だからとしています。

ちなみに継続条件より短い期間で辞めることも不可能ではありませんが、その場合割引はなくなり、本来の金額と解約手数料が別途発生。

解約手数料の分コスパが増えてしまうので、不安があるなら無理をせず、定価で1本だけ求めるのもありですよ。

彼氏も惚れ直す白さに

彼氏からも連絡がなかったのを良いことに、3ヶ月ほどプレミアムブラントゥースを続けてみました。

最初は泡立たないことが気になりましたが、慣れてくると泡のない歯磨きもやりやすいと感じるように。

以前より白くなった?」と感じたのは、私の場合4ヶ月目に入るギリギリのタイミングでした。

いきなり禁煙は難しかったので、タバコは控えられる時だけ控える程度だったのも、ギリギリになってしまった理由かも。

家族や友人からも白さに気づいてもらえたので、思い切って彼氏にも連絡をとってみたんです。

時間が空いたことで彼も落ち着きを取り戻してくれたようで、連絡を取った週の休みに会うことに。

彼氏の中での私のイメージは3か月前で止まっていたこともあってか、とてもビックリしてくれました。

謝ってくれると共に、「やっぱり俺にはお前しかいない!」なんて調子いいなあとも思いましたが、再び以前の関係に戻れてホッとしています。

その後彼氏もプレミアムブラントゥースを使い始めることになり、カップルで歯が綺麗と言われることが今の目標です。

まとめ

歯ってもともと白いだけに、色んなことが原因で黄ばんでしまいますよね。

タバコは嗜好品なので、私と同じように禁煙は難しいけど歯は白くしたいという方も多いと思います。

そんな時は、使っている歯磨き粉をプレミアムブラントゥースに変更してみてください。

パパイヤの成分で、歯をコーティングしているタンパク質からまるごと色素汚れを落としてくれます。

ほかにもむし歯予防や口臭ケアなども可能なので、ほかのトラブルに悩んでいる方にもぴったりです。

綺麗な歯をプレミアムブラントゥースで取り戻して、あなたのイメージを明るく素敵な人に変えちゃいましょう!

⇩⇩お得なキャンペーン中の公式サイトはこちら
ブラントゥース
プレミアムブラントゥース

us