バナナの皮で歯が白くなる噂は本当?

毎日しっかり歯磨きしているのに黄ばんでしまう歯。

歯は、コーヒーやお茶などでも着色が残ってしまいます。

バナナの皮で歯が白くなるという噂をご存知ですか?

歯医者でもホワイトニングは高価ですが、手軽に安価で手に入るバナナの皮で本当に歯を白くするとこができるのでしょうか。

バナナの皮は、歯にダメージを与えることがなく、少しずつ歯を白くしていくことができるそうです。

●歯の着色汚れの原因は?

歯が黄ばんだりくすんだりするのは、歯の「エナメル質」の外側に汚れが付着するからです。

歯の表面につく汚れは「ステイン」と呼ばれています。

ステインの原因は、タバコや食べ物や飲み物です。

1)コーヒーや緑茶

カフェインを多く含む飲み物であるコーヒーや緑茶のタンニンやカテキンがその原因となります。

2)赤ワインやチョコレート

赤ワインやチョコレートに含まれるポリフェノールが原因になります。

3)色の濃い野菜や調味料

特にカレーは色素沈着の原因になります。

4)タバコ

タバコのヤニに含まれるニコチン・タールが、\u2028エナメル質に染み込んでしまいます。

歯磨きでは取れません。

●バナナの皮で歯が白くなる理由は

栄養豊富と言われているバナナ。

バナナの皮にはカリウムやマグネシウム、マンガンなどのミネラルが豊富に含まれています。

特にカリウムは、歯の汚れだけを落としやすくしてくれるため歯が白くなります。

またバナナにはビタミンDが含まれているので、ミネラルが歯にしっかり浸透するようにサポートし、なんと歯質を強化してくれます。

●バナナの皮での歯磨きのやり方

①使いやすいようにバナナの皮を小さく切っておきます。

②小さく切ったバナナの皮の白い部分を、黄ばみやくすみが気になる部分に優しくこすりつけるように1〜2分ほど磨きます。

③そのまま10分放置するのですが待っている間は口を閉じるのはNG!!

バナナのミネラル成分が口の粘膜についてしまい、薄まってしまうので、口は開けたままにしておきましょう。

④10分たったら、乾いた歯ブラシで歯を磨きます。

⑤それから普段どおりに歯磨き粉を使い歯磨きをします。

これを一日二回おこなうのがおすすめです。

●バナナの皮での歯磨きの効果は?

バナナの皮の歯磨きを2週間続けると、黄ばみやくすみがとれて少しずつきれいな白い歯になっていきます。

歯の表面もつるつるし光沢がでて、プラークの量も減るので口内環境にも良いと言われています。

結構手間がかかりますが、噂は本当のようです。

◆もっと本格的にしっかり白い歯になりたい人は、歯のホワイトニング歯磨きの「はははのは」を使ってみてください。

歯を白くするだけでなく口臭ケアや虫歯ケアにも良い!と口コミ評価も高く人気です。
歯真っ白で人気の「はははのは」はドラッグストア(薬局)でも市販?楽天・Amazon等どこの販売店が最安値?

自宅で簡単にできるセルフホワイトニングはははのはです。

研磨剤も不使用なので安心して真っ白に!

ぜひ、試してみてください。

お得な公式サイト→自宅でカンタンホワイトニング!笑顔輝くステキな白い歯に【はははのは】

us